エネルギー事業

個人住宅向け太陽光

 

未来を見据えた環境に優しい自然エネルギーの提案

太陽光パネルや蓄電池の販売・施工からアフターフォローまで迅速に対応します。作った電気をただ使うのではなく、暮らしの中で有効に活用するためのアドバイスなど丁寧なコミュニケーションが強みです

自家消費型太陽光

電気は買う時代から、創って使う時代へ

「自家消費型太陽光」は決して新しい技術ではなく、固定価格買取制度の開始前はこの方式が主な太陽光の利用方法でした。 近年の「買取単価の低下」と「電気代の上昇」により、作った電気は「売電」ではなく「自家消費」させ、購入量を減らす方が メリットがある場合も増えてきており、時代の経過とともにあらためて注目を集めています。

営農型太陽光

農業と太陽光発電のダブル収入へ

営農型太陽光発電は、太陽光を農業生産と発電とで共有する取組です。作物の販売収入に加え、売電による収入や発電電力の自家利用により、農業者の収入拡大による農業経営のさらなる規模拡大や6次産業化の推進が期待できます。

野立て太陽光

太陽光の投資で、安定した収入へ

野立て太陽光とは、遊休地などの土地に太陽光発電システムを設置したものです。国の固定価格買取制度(FIT:Feed-in Tariff)を利用することにより、予め約束された売電価格で20年間、電気を買い取ってくれる仕組みになっています。不動産投資で発生するような『空室リスク』や『家賃の値下げのリスク』などがないため、現在安定した投資商品として注目を浴びています。

TOP